カテゴリー別アーカイブ: 最新のお知らせ

第3回『組織心理学』読書会のお知らせ

昨年度から、年に2回ほど『組織心理学』に関わる読書会(研究会)を実施しています。この読書会は、産業・組織心理学や社会心理学、経営学(組織行動論)、臨床心理学などの分野で研究や実務に携わっている研究者ならびに大学院生の30名ほどが参加しています。そして、「Annual Review of Organizational Psychology and Organizational Behavior」に掲載されている組織心理学/組織行動論の最新知見を各自が報告し、そしてそれを踏まえながら今後の研究課題について議論しています。

次回の第4回は3月5日および6日の2日間にかけて九州大学で開催します。

日時 2016年9月5日(月)11:00~17:00,6日(火)10:30~16:20
場所
九州大学 箱崎キャンパス
教育心理棟2階 演習室
課題図書 「Annual Review of Organizational Psychology and Organizational Behavior」(Vol.1およびVol.2)
http://www.annualreviews.org/journal/orgpsych
発表者*・章 1日目9月5日(月)

11:00-12:30 相馬敏彦(広島大学)「Vol.2,75-99 Justice, Fairness, and Employee Reactions」
<12:30-13:30> 昼食
13:30-15:00 磯部智加衣(千葉大学)「Vol.1, 489-519 Intercultural Competence」
15:20-16:50 貴島耕平(神戸大学大学院)「Vol.2,1-19 Organizational Psychology Then and Now: Some Observations」

2日目 9月6日(火)

10:30-12:00 林 祥平(明治大学院大学)「Vol.2,523-550 Stereotype Threat in Organizations: Implications for Equity and Performance」
<12:00-13:00> 昼食
13:00-14:30 森永雄太(武蔵大学)「Vol.2,351-381 Supporting the Aging Workforce: A Review and Recommendations for Workplace Intervention Research」 
14:50-16:20 池田 浩(九州大学)「Vol.2,133-156 Leadership Development: An Outcome-Oriented Review Based on Time and Levels of Analyses」

*敬称略。

産業・組織心理学会 部門別研究会 (第120回:組織行動部門) で話題提供を行います

来る3月に産業・組織心理学会 部門別研究会 (第120回:組織行動部門) が、筑波大学(東京キャンパス文京校舎)で開催されます。

今回、九州大学の山口裕幸先生と共に企画を担当し、また話題提供を行います。

日時 2016年3月12日 (土) 14:00〜16:30
テーマ ワークモチベーション理論は現場にどこまで役立つか
会場 筑波大学東京キャンパス文京校舎 1階119講義室
(〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1)
丸ノ内線茗荷谷 (みょうがだに) 駅下車「出口1」徒歩2分程度

企画趣旨  ワークモチベーションは、組織で働く従業員のパフォーマンスに直接結びつくことから、産業・組織心理学において古くから検討されてきたテーマと言える。組織の発展はワークモチベーション研究の進展に支えらえてきたと言っても過言ではないだろう。実際、産業・組織心理学のテキストには、洋の東西を問わず、必ず「ワークモチベーション」の章が設けられているほどメジャーな分野であり、目標設定理論や期待理論をはじめいくつものビッグセオリーが提唱されてきた。
 しかし、冷静に現在の組織環境を見ると、かつての時代とは大きく様変わりしていることに気付く。かつては比較的安定した課題に取り組むことが多かったが、最近ではこれまで経験したこともない課題に取り組むことも珍しくない。また、人事・処遇制度も年功主義からバブル崩壊とともに成果主義へと移行している。雇用形態も、正社員中心から非正規雇用が多様な業種において着実に拡大している。
 こうした現状を踏まえると、産業・組織心理学が産み出した従来のビッグセオリーや研究知見が、どこまで現在の組織現場に役立てられるのか、一度冷静に再考することは、研究成果を現場にどこまで活用することができるかの現状を把握するとともに、ワークモチベーション研究の課題を浮き彫りにすることに役立つだろう。今回は、そうした観点から、3名の先生方に話題提供を頂く。
 最初に、社会心理学の立場から池田浩氏 (福岡大学) に、ワークモチベーション研究の現状とモチベーションを測定する尺度に関する一連の研究について話題提供を頂く。次に森永雄太氏 (武蔵大学) には、経営学の立場からワークモチベーションを高める取り組みとしてジョブ・クラフティングの概要と可能性についてお話し頂く。最後に、菊入みゆき氏 (JTBモチベーションズ/明星大学) には、現場を熟知した立場として、現場でワークモチベーションがどのように生かされているか話題提供を頂く。
 それらを踏まえて、本学会を代表するワークモチベーション研究者である角山剛氏 (東京未来大学) より指定討論を頂き、参加者と議論しながら、今後のワークモチベーションの課題を見出していきたい。
話題提供者 池田 浩 (福岡大学):ワークモチベーション研究の現状とその測定尺度、そして実践的課題
森永 雄太 (武蔵大学):日本企業におけるジョブ・クラフティング研究の展開と課題
菊入 みゆき (JTBモチベーションズ / 明星大学):企業のモチベーション課題と解決への取り組み 〜3つの事例から〜
指定討論者 角山 剛 (東京未来大学)
企画 山口 裕幸 (九州大学)・池田 浩 (福岡大学)
司会 山口 裕幸 (九州大学)

第2回『組織心理学』読書会のお知らせ

第2回「組織心理学」読書会を開催します。

次回は九州大学で開催されます。

日時 2016年3月13日(日)11:00~17:30,14日11:00~16:00
場所
九州大学 箱崎キャンパス
詳細な場所は追ってご連絡いたします。
課題図書 「Annual Review of Organizational Psychology and Organizational Behavior」(Vol.1およびVol.2)
http://www.annualreviews.org/journal/orgpsych
発表者*・章 1日目 3月13日(日)

11:00-12:20 縄田健悟(九州大学)「An Ounce of Prevention Is Worth a Pound of Cure: Improving Research
Quality Before Data Collection」
<12:20-13:10> 昼食
13:10-14:30 吉原克枝(福岡工業大学短期大学部)「Delineating and Reviewing the Role of Newcomer Capital in
Organizational Socialization」
14:40-16:00 松本友一郎(中京大学)「Burnout and Work Engagement: The JD–R Approach」
16:10-17:30 関屋裕希(東京大学)「Compassion at work」

2日目 3月14日(月)

11:00-12:20 三沢良(奈良大学)「Constructively Managing Conflicts in Organizations」
<12:20-13:10> 昼食
13:10-14:30 田原直美(西南学院大学)「Psychological Safety: The History,Renaissance, and Future of an Interpersonal Construct」
14:40-16:00 藤村まこと(福岡女学院大学)「Research on Workplace Creativity: A Review and Redirection」

*敬称略。

第1回『組織心理学』読書会のお知らせ

第1回「組織心理学」読書会を開催します。

読書会メンバー以外で参加をご希望の方は、池田(ikedah@fukuoka-u.ac.jp)までご連絡下さい。

日時 2015年8月24日(月)11:00~17:30,25日11:00~16:00
場所
福岡大学 文系センター2階 第2会議室
交通アクセス
キャンパスマップ
地下鉄七隈線「福大前」駅の1番出口から出て真っ正面のビルです。
課題図書 「Annual Review of Organizational Psychology and Organizational Behavior」(Vol.1およびVol.2)
http://www.annualreviews.org/journal/orgpsych
発表者*・章 1日目 8月24日(月)

11:00-12:20 池田浩(福岡大学)「Vol.1,1-21 What Was, What Is, and What May Be in OPOB」
<12:20-13:10> 昼食
13:10-14:30 田原直美(西南学院大学)「Vol.1,23-43 Psychological Safety」
14:40-16:00 秋保亮太(九州大学大学院)「Vol.1,45-65 Personality and Cognitive Ability as Predictors of Effective Performance at Work」
16:10-17:30 安達悠子(大阪大学)「Vol.1,123-143 Coworkers Behaving Badly: The Impact of Coworker Deviant Behavior upon Individual Employees」

2日目 8月25日(火)

11:00-12:20 宮島健(九州大大学院)「Vol.1,173-197 Employee Voice and Silence」
<12:20-13:10> 昼食
13:10-14:30 長谷川尚子(電力中央研究所)「Vol.1,245-274 Learning in the Twenty-First-Century Workplace」
14:40-16:00 藤村まこと(福岡女学院大学)「Vol.1,333-359 Research on Workplace Creativity: A Review and Redirection」

*敬称略。

2015年度 読書会のご案内

来年度、「Annual Review of Organizational Psychology and Organizational Behavior」に関する読書会を開催いたします。
Annual Reviewとは、学問領域ごとに毎年複数の展望論文が掲載された書籍です。心理学では「Annual Review of Psychology」が有名で大学院生や研究者の間ではよく読まれているものです。

そして、2014年に新しく「組織心理学・組織行動論」の分野でAnnual Reviewが刊行されました。
新しく刊行されただけあり2014年のVol.1や2015年のVol.2では各研究領域の第一人者の研究者が名を連ね、ホットでメジャーなトピックが掲載されています。

そのような動向を踏まえ、2015年度の読書会では、「Annual Review of Organizational Psychology and Organizational Behavior」のVol.1とVol.2を対象に様々なテーマの最新知見と動向を学びたいと思います。

御興味のある方はぜひご参加ください。

以下は、読書会の案内文です。

課題図書 「Annual Review of Organizational Psychology and Organizational Behavior」
http://www.annualreviews.org/journal/orgpsych
参加要件 Vo.1(23編)およびVol.2(22編)の合計45編のレビュー論文うち、ご自身の関心のあるいずれかの1編をご担当頂き、発表していただきます。発表の際には、欠席者も読んで概要が分かる程度のレジュメを作成して頂き、これをもとに発表していただきます。レジュメの枚数は問いません。
(オブザーバーでのご参加を希望の方は別途ご連絡ください。)
開催時期 第1回目:8月~9月頃の連続2日間、第2回目:2月~3月頃の連続2日
発表者と幹事 今回は、合計2回にわたって読書会を開催しますが、各回の発表者のなかから幹事をお願いいたします。
幹事は、その会の読書会に関わる①日程、②会場の決定、③当日の準備(お菓子や飲み物の準備なども含む)、④懇親会の開催を仕切ってもらいたいと思います。
読書会参加申し込み方法 読書会に参加希望の方は、(1)参加する旨をお知らせいただき、そして(2)希望する章について第3希望まで私宛(ikedah@fukuoka-u.ac.jp)にお知らせ頂くか、こちらのExcelファイルに御記入のうえお送りください

何かご不明な点などありましたら、ikedah@fukuoka-u.ac.jpでお問い合わせ下さい。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。