月別アーカイブ: 2021年10月

10月25日「生産性新聞」 第3回目の連載記事

10月25日の「生産性新聞」にて、「産業・組織心理学から紐解くテレワーク時代のマネジメント」の第3回目の連載記事が掲載されました。
 
今回は、『「自立」と「自律」が鍵 効果的なテレワーク』です。
 
先日、我が国の大手通信事業を営む大手企業が、グループの全社員を対象にリモートワークを基本とする方針を発表しました。
今後、在宅勤務をはじめとして、テレワークという新しい働き方にいかに適応するかが、企業として成果を上げる大きな鍵を握ると思われます。
 
テレワークという働き方において、「個人」に目を向けて、テレワークに従事する人々が意欲的に働くためのキーワードが「自立」と「自律」だと思われます。
 
ここでいう「自立」とは、他者の助けに頼ることなく、いずれの仕事であっても、自分のものとして考え、責任を持って取り組むことです。職場から離れて仕事をするため、組織人として自覚を持つ「自立」が重要です。
 
もう一つの「自律」は、自分を律して仕事に取り組むことです。とりわけ、自ら進んで主体的に取り組むモチベーションを、自ら起こして、それを維持するための取り組みや工夫です。
 
テレワークに従事する人はもちろんのこと、管理者の皆様も部下のテレワークにおいてこの「自立」と「自律」をどのように実現できるか、という観点からお読みいただければ幸いです。
 

10月5日「生産性新聞」 第2回目の連載記事

10月5日に、日本生産性本部が発行する「生産性新聞」において、「産業・組織心理学から紐解くテレワーク時代のマネジメント」の連載記事が掲載されました。

第2回目は「テクノロジー適切に活用 創造的な職場交流」です。

テレワークが普及して、”職場”というあり方が変わりつつあります。
かつてのように同じ空間に集う「リアル職場」から、一定のスタッフが自宅で仕事をして、必要に応じて管理者や他のスタッフと連絡・交流する「バーチャル職場」(仮想的な職場)に代わりつつあります。

「バーチャル職場」では、当然、お互い地理的に離れているため、特にテレワークに従事している人にとっては不安や孤独感、孤立感が生まれかねません。コミュニケーションも意図的な働きかけがなければ取りづらい環境とも言えます。

そうしたバーチャル職場であっても、創造的な職場交流を実現するために、どのようなマネジメントが必要か、どのような工夫を施すことで”リアル職場”に近づけることができるかを論じています。

#2_生産6面「テレワーク時代のマネジメント」