月別アーカイブ: 2016年12月

「産業・組織心理学研究」にワークモチベーション尺度開発論文の掲載が決まりました

「産業・組織心理学研究」の第30巻2号に、下記の論文の掲載が決定しました。

池田  浩・森永雄太  (2017). 我が国における多側面ワークモチベーション尺度の開発   産業・組織心理学研究   30(2)    印刷中

ワークモチベーションは、様々な組織現場で話題なる問題です。それに連動して、学術的にもホーソン研究以降、業績に直結する重要な変数として、多くの研究者が関心を寄せ、様々な理論が蓄積されてきました。

しかし、驚くことに、現在のスタンダードな定義や枠組みに基づいて「ワークモチベーション」を測定できる尺度(ものさし)がありませんでした。

今回の論文は、森永雄太先生(武蔵大学)と2013年にこうした問題意識を共有して始めた共同研究の成果です。このHPでも、その成果をコンパクトに紹介していきたいと思います。

また、この尺度を使って、コールセンターの現場やライフライン企業の現場においても、数年に渡って調査を行っています。その成果の一部を来年3月に東京で研究会という形で発表し、ご参加頂ける皆様と議論できる場を設ける予定です。ご興味のある方はご参加下さい。(なお、発表に際して、先方の企業の許可が必要なため、発表する内容に変更が生じる可能性があります)

 

このHPでも改めてご案内する予定です。どうぞよろしくお願いします。