2014年度 読書会のご案内

来年度、「集団やチーム研究の方法論」に関する新しい読書会を開催する予定です。
心理学一般や社会心理学に特化した研究法の書籍はありますが、「集団やチーム研究の方法論」についてはなかなか体系的に学ぶ機会はありません。
今回読書会で取り上げる本は、集団やチーム研究を行うための実験や調査の基礎だけでなく、チームメンバー同士の相互作用を理解するためのコーディング、チームに流れる感情や情動、集団レベルのデータ分析方法(マルチレベル)など、最新の手法を盛り込んで幅広く網羅されています。

御興味のある方はぜひご参加ください。

以下は、読書会の案内文です。

課題図書 「Research Methods for Studying Groups and Teams: A Guide to Approaches, Tools, and Technologies」(ISBN:978-0415806336)
http://www.routledge.com/books/details/9780415806336/
参加要件 合計20章のうち、ご自身の関心のあるいずれかの1章をご担当頂き、発表していただきます。
発表の際には、欠席者も読んで概要が分かる程度のレジュメを作成して頂き、これをもとに発表していただきます。
(レジュメの枚数は問いません。)
開催時期 第1回目:8月~9月頃の連続2日間、第2回目:2月~3月頃の連続2日
発表順と幹事 今回は、合計2回にわたって読書会を開催しますが、各回の発表者が幹事となって頂きます。
幹事は、その会の読書会に変わる、①日程、②会場の決定、③当日の準備(お菓子や飲み物の準備なども含む)、④懇親会の開催を仕切ってもらいたいと思います。
読書会参加申し込み方法 読書会に参加希望の方は、(1)参加する旨をお知らせいただき、そして(2)希望する章について第3希望まで私宛(ikedah@fukuoka-u.ac.jp)にお知らせ下さい。

何かご不明な点などありましたら、ikedah@fukuoka-u.ac.jpでお問い合わせ下さい。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。