2013年度 TTC読書会

2013年度にTTC(Theories of Team Cognition)読書会を主宰しました。

書籍情報

タイトル Theories of Team Cognition: Cross-Disciplinary Perspectives
著者 Eduardo Salas, Stephen M. Fiore, Michael P. Letsky
発行 2011年
詳細 こちら

開催情報

日時・場所 担当者*・章
1 2013年9月10日・11日
九州大学
池田浩(福岡大学)

「Chap.1 Why Cross-Disciplinary Theories of Team Cognition?」

迫田裕子(東亜大学)

「Chap.2 Macro Cognition, Team Learning, and Team Knowledge: Origins, Emergence, and Measurement.」

宮島健(九州大学)

「Chap.4 Time and Team Cognition: Towards Greater Integration of Temporal Dynamics.」

縄田健悟(京都文教大学)

「Chap.8 Theoretical Underpinning of Interactive Team Cognition.」

2 2013年12月1日
福岡女学院大学
藤村まこと(福岡女学院大学)

「Chap.9 Articulating Collaborative Contributions to Activity Awareness」

相馬敏彦(広島大学)

「Chap.15 Gaining insight into team processes on cognitive tasks with member expectations and the social relations model」

松尾和代(九州大学)

「Chap.17 Transactive memory theory and teams: past, present and future」

3 2014年3月14日・15日
福岡工業大学
池田浩(福岡大学)

「Chap.5 Leadership and Emergent Collective Cognition.」

秋保亮太(九州大学)

「Chap.10 Combinations of Contributions for Sharing Cognitions in Teams.」

三上聡美(九州大学)

「Chap.19 Team cognition, communication and message interdependence.」

吉原克枝(福岡工業大学短期大学部)

「Chap.22 Facilitation effective mental model convergence: the interplay amoung the team’s task, mental model content, communication flow and media.」

菊地梓(九州大学)

「Chap.23 Commentary on the coordinates of coordination and collaboration.」

*敬称略。所属は開催日時当時のものです。