2010年度 TE読書会

2010年度にTE(Team effectiveness)読書会を主宰しました。

書籍情報

タイトル Team Effectiveness In Complex Organizations: Cross-Disciplinary Perspectives and Approaches
著者 Eduardo Salas, Gerald F. Goodwin, C. Shawn Burke
発行 2009年
詳細 こちら

開催情報

日時・場所 担当者*・章
1 2010年5月9日
九州大学
池田浩(福岡大学)

「Chap.1 Team Effectiveness in Complex Organizations: An Overview.」

三沢良(電力中央研究所)

「Chap.12 The Incorporation of Time in Team Research: Past, Current, and Future.」

津曲陽子(九州大学)

「Chap.5 Developing Adaptive Teams: A Theory of Dynamic Team Leadership.」

藤村まこと(福岡女学院大学)

「Chap.3 The Wisdom of Collectives in Organizations: An Update of the Teamwork Competencies. 」

2 2010年8月20日
福岡大学
志手友樹(九州大学)

「Chap.4 Team Leadership and Team Effectiveness.」

松尾和代(九州大学)

「Chap.6 An Ecological Perspective on Team Cognition.」

黄佳(九州大学)

「Chap.7 Overcoming Barriers to Collaboration: Psychological Safety and Learning in Diverse Teams.」

池田浩(福岡大学)

「Chap.8 Understanding the Cognitive Processes in Adaptive Multicultural Teams: A Framework.」

縄田健悟(九州大学)

「Chap.9 Cognitive Similarity Configurations in Teams: In Search of the Team Mind Meld.」

津曲陽子(九州大学)

「Chap.13 Measuring Teams in Action: Automated Performance Measurement and Feedback in Simulation-Based Training.」

3 2010年11月27日
アクロス福岡
三沢良(電力中央研究所)

「Chap.2 Building Bridges to Improve Theory and Research on Small Groups.」

「Chap.14 Assessing Team Processes in Complex Environments: Challenges in Transitioning Research to Practice.」

菊地梓(九州大学)

「Chap.15 Automated Communication Analysis of Teams.」

藤村まこと(福岡女学院大学)

「Chap.18 Measuring Team-Related Cognition: The Devil is in the Details.」

津曲陽子(九州大学)

「Chap.19 Teams Research in the 21st Century: A Case for Theory Consolidation.」

池田浩(福岡大学)

「Chap.20 Ten Critical Research Questions: The Need for New and Deeper Exploration.」

*敬称略。所属は開催日時当時のものです。