2016年度の学会発表一覧

今年度は、下記の学会で発表を行う予定です。なお、6月3日時点で確定済みのものであり、その他の学会での発表が確定次第更新していきます。
 

■10/9-10 日本グループダイナミックス学会第63回大会 (於 九州大学)
【ワークショップ】「リーダーシップ研究の現在地とパースペクティブ:リーダーシップ研究はどこまで解明され、どこに向かうのか」
企画者:池田  浩(九州大学)、坂田桐子(広島大学)
話題提供者:鎌田雅史(就実短期大学)、坂田桐子(広島大学)、池田 浩(九州大学)

「チームメンバーの入れ替わりに伴う共有メンタルモデルの変化: 協調迷路課題を用いた実験的検討」(秋保亮太,縄田健悟,池田 浩,山口裕幸)
「組織における感謝感情はどのような職務パフォーマンスと結びつくのか」(三上聡美,池田  浩,山口裕幸)
「社会的貢献感と誇りが新人オペレーターのストレスを緩和する効果」(有吉美恵,池田 浩,縄田健悟,山口裕幸)

■9/17-18 日本社会心理学会第57回大会 (於 関西学院大学)
「勇敢で献身的なフォロワーシップの生起要因に関する研究」(池田 浩)
「チームワークは継承されるか?:協調迷路課題を用いた実験的検討」(秋保亮太,縄田健悟,池田 浩,山口裕幸)
「組織における感謝感情はどのような波及効果を持つのか?:制御焦点との関連性」(三上聡美,池田 浩,山口裕幸)

■9/3-4 産業・組織心理学会第23回大会 (於 立教大学)
「ワークモチベーションにおける社会的貢献感の役割:コンルセンター受電業務オペレーターを対象とした調査研究」(有吉美恵,縄田健悟,池田 浩,山口裕幸)

■7/24-29 The 31st International Congress of Psychology (ICP) (in Yokohama, Japan)
「Effect of Gratitude on Job Performance in Japanese Organizations 」(Ikeda, H.)
「A Study on Work Motivation of Call Center Operators」(Ariyoshi, M., Nawata, K., Ikeda, H., & Yamaguchi, H.)