第3回『組織心理学』読書会のお知らせ

昨年度から、年に2回ほど『組織心理学』に関わる読書会(研究会)を実施しています。この読書会は、産業・組織心理学や社会心理学、経営学(組織行動論)、臨床心理学などの分野で研究や実務に携わっている研究者ならびに大学院生の30名ほどが参加しています。そして、「Annual Review of Organizational Psychology and Organizational Behavior」に掲載されている組織心理学/組織行動論の最新知見を各自が報告し、そしてそれを踏まえながら今後の研究課題について議論しています。

次回の第4回は3月5日および6日の2日間にかけて九州大学で開催します。

日時 2016年9月5日(月)11:00~17:00,6日(火)10:30~16:20
場所
九州大学 箱崎キャンパス
教育心理棟2階 演習室
課題図書 「Annual Review of Organizational Psychology and Organizational Behavior」(Vol.1およびVol.2)
http://www.annualreviews.org/journal/orgpsych
発表者*・章 1日目9月5日(月)

11:00-12:30 相馬敏彦(広島大学)「Vol.2,75-99 Justice, Fairness, and Employee Reactions」
<12:30-13:30> 昼食
13:30-15:00 磯部智加衣(千葉大学)「Vol.1, 489-519 Intercultural Competence」
15:20-16:50 貴島耕平(神戸大学大学院)「Vol.2,1-19 Organizational Psychology Then and Now: Some Observations」

2日目 9月6日(火)

10:30-12:00 林 祥平(明治大学院大学)「Vol.2,523-550 Stereotype Threat in Organizations: Implications for Equity and Performance」
<12:00-13:00> 昼食
13:00-14:30 森永雄太(武蔵大学)「Vol.2,351-381 Supporting the Aging Workforce: A Review and Recommendations for Workplace Intervention Research」 
14:50-16:20 池田 浩(九州大学)「Vol.2,133-156 Leadership Development: An Outcome-Oriented Review Based on Time and Levels of Analyses」

*敬称略。