共同研究が2017年日本心理学会 優秀学会発表賞を受賞しました

2017年9月20日-21日に久留米シティプラザで開催された日本心理学会第81回大会において,以下の発表が「2017年学会賞(優秀発表賞)」のひとつに選ばれました。

・発表者:有吉 美恵(九州大学大学院)、池田 浩(九州大学大学院)、縄田 健悟(福岡大学)、山口 裕幸(九州大学大学院)
・発表題目:社会的貢献の振り返りが新任者のストレスを低減する効果

本共同研究は、コールセンターに勤務するオペレーターを対象に、彼・彼女らのストレスを抑制し、そしてワークモチベーションを向上させることを目指した一連の研究の一部です。
昨今、様々な業種でコールセンターが設置されていますが、そこで勤務するオペレーターのストレスや退職率の高さが問題となってます。
その中でも、本研究で対象としているオペレーターの受電内容は、顧客から寄せられるトラブルに適切かつ迅速に対応することが求められるものであるため、達成感を感じにくいという特徴をもっています。

こうしたコールセンター業務において、我々は現場観察やインタビュー、質問紙調査を行い、オペレーターのワークモチベーションを左右する心理的要因として『社会的貢献感』(自らの業務を通じて“顧客”、“同僚”、“上司”(総称して『社会的』)に貢献できていると感じる程度)を同定し、その効果を検証してきました。

本研究では、そうした社会的貢献感を意識化するための取り組みとして、某企業の複数のコールセンターに1ヶ月間の介入を行い、その効果を検証したものです。