「産業・組織心理学研究」の特集号に論文が掲載されました

「産業・組織心理学研究」の特集号「ウィズ・アフターコロナにおける産業・組織心理学」に、下記の論文が掲載されました。
 
池田 浩・縄田健悟・青島未佳・山口裕幸(2021)テレワークのもとでの自己調整方略:自己調整方略の効果とそれを醸成する上司からの被信頼感 産業・組織心理学研究, 35(1), 61-73.
 
昨年からコロナ禍となり、多くの組織でテレワークという新しい働き方が運用されていますが、ストレス軽減やワークライフバランスの向上などのメリットが強調される一方で、オフィスよりも仕事がはかどらない、モチベーションの維持が難しいなどのデメリットが指摘されています。
 
オフィスでは、会社という場に出向き、上司や同僚と同じ空間で働くこと自体、気持ちが引き締まり、仕事に気持ちが向かうものの、テレワークでは自律的に仕事に向かう必要があります。そうしたモチベーションを自ら高め、維持する方略のことを本研究では「自己調整方略」と呼びました。「自己調整方略」は下記の図に示す通りです。
そして、自己調整方略を行っている人は、テレワークでの働き方にどのような変化をもたらしたかを明らかにしました。
もう1つ本研究の興味深い取り組みは、テレワーク環境下における「リーダーシップ」の問題について検討しました。
テレワークでは、上司と物理的に距離があるため、リーダーシップが機能しにくくなる、という指摘があります。そこで、本研究では、テレワーク環境下で「自己調整方略」を高めうるリーダーシップについて検討したところ、通常のリーダーシップの効果は見られず、むしろ「リーダーに対する被信頼感」(自分はリーダーから信頼されている感覚)が効果を持つことが明らかになりました。
 
テレワークについて興味のある方はぜひご笑覧下さい。